構造物のヘルスモニタリング

 構造物が供用中にある動的な条件化で、グローバル検査・診断術として有用なアコースティックエミッション(AE)法は、橋梁や岩盤斜面などの土木構造物、またロケットモーターケースなどの宇宙構造物において、連続モニタリング技術の一つとして実用化が進んでいる。これらは、無線・モデムなどの通信技術を基に、インターネットやイントラネットを利用し構造物の健全性監視と運転管理を実施するためのヘルスモニタリング技術として、今後の発展が期待されている。


文献D:IoT(インターネットモニタリング)
文献D-1:湯山茂徳:IoT、ビッグデータ、及びAI適用の現状
文献D-2:湯山茂徳:インフラ構造物のAEによる連続モニタリング
文献D-3:西本重人、湯山茂徳:AE法の製品検査への応用
文献D-4:湯山茂徳:AEによる構造物のインターネットモニタリング
文献D-5:湯山茂徳:世界初のIoT適用事例


つり橋のインターネットモニタリング

ロケットモータケースの無線インターネットモニタリング