コンクリート構造物の健全性診断

 コンクリート実構造物にアコースティックエミッション(AE)試験を適用し、有効性の確認された事例が報告されている。関東地区にある経年劣化した桟橋上を図に示すごとく、荷重の異なるダンプトラックを往復させたときにアコースティックエミッション(AE)信号を計測して得られたもので、補修して問題のないはりからは全くアコースティックエミッション(AE)信号が検出されたかったにもかかわらず、表面クラックが存在し、さび汁の目視された劣化はりにおいては、極めて多量のアコースティックエミッション(AE)信号が検出された。

 劣化度診断の判定指標として、カイザー効果(構造物の再負荷時に、以前経験した最大負荷値を越えるまで、アコースティックエミッション(AE)が発生しないという現象)の不成立状態に注目することが有効であることが確認され、これを基に、コンクリート構造物のアコースティックエミッション(AE)試験に関する、非破壊検査協会規格が制定されている。

土木分野におけるAE試験

文献 : コンクリート構造物への応用

  
経年劣化した桟橋のアコースティックエミッション(AE)試験